男の人

会社の売却はM&Aの仲介サービスを利用する│建物の相場価格を知る

利益の出し方

集合住宅

マンション経営を検討されている人は、運用する不動産投資物件の種類を把握・比較を行なう必要があります。マンション経営には、新築マンションと中古マンションから、購入物件を選択する必要があります。初期投資に高額の費用が必要になるのが、新築マンションです。しかし、新築物件は入居率も高く安定した運用ができる可能性が高いです。東日本大震災以降、マンション住宅の耐震性の強化が課題となっています。新築マンションは地震に対するリスクを考慮された上で設計されているので、入居希望者の信頼を集めることも可能になるでしょう。高額の費用が用意できない人は、中古マンションの購入がオススメです。築10年を経過したマンションや、改修が必要なマンションは比較的安く購入できます。マンションの状態や立地によっては、中古マンションを購入したほうが効果的です。
購入するマンションが決まったら、マンション経営の要となる経営方法を検討しましょう。マンション経営方法は、購入したマンションを賃貸にして、家賃収入で利益をあげるインカムゲイン方式と、土地の価格が高騰した時にマンションごと売却して、差額分を利益とするキャピタルゲイン方式に分かれます。マンションの状態や、土地の価格によって選択する経営方法は異なりますが、購入してしばらくの期間は、インカムゲイン方式で運用すると良いでしょう。不動産会社でもマンション経営のサポート業務を行なっています。充実したサービスを活用することで、失敗のないマンション経営ができるでしょう。